家で染めるなら傷みにくいヘアカラーで!

市販のヘアカラーは髪が傷みやすいという話は聞いたことがあると思います。
でも、いちいち美容室に行く時間やお金が無いという場合、そのまま放置しておくのも嫌ですよね。
そんな時は、市販のヘアカラーでも、傷みにくい商品を選びましょう。

ヘアカラーは色味を入れる「一剤」と、地毛の色素を脱色する「二剤」を混ぜ合わせて染めるのですが、
「一剤」を低アルカリタイプのものにすれば、家で染めても髪へのダメージを抑えることが出来ます。

また、既に明るくなっている髪に色を入れたい場合は、「二剤」を脱色作用の低いもの(オキシ濃度が3%以下)を選べば傷みにくいです。
ドラッグストアなどで売られている一般的なカラー剤は、アルカリが強く、脱色作用も強いものがほとんどです。

でも、楽天やAmazonなどのネットショップで、業務用の低アルカリタイプの一剤と、脱色作用の低い二剤を購入することができます。
こういったもので染めれば、あまり髪に負担を掛けずにカラーを楽しむことが出来ます。

いろいろなメーカーから業務用のカラー剤が出ているので、「低アルカリカラー」などで検索して、好みの色のものを選びましょう。
ドラッグストアのものよりもやや費用は掛かりますが、美容室へ行くよりもずっと安く、手軽に染めることが出来るのでおすすめです。

https://www.electrictao.net/