ワキガと多汗症のメカニズ ムを知ろう

2020年ももう夏に差し掛かろうとしています。梅雨時期でジメジメしていて、洗濯物が乾きませんね。こんな時は、晴れてなくても汗がすごくて多汗症の私には嫌な季節です。あぁ。。早く空きが来ないかな。

で、今日はなぜなぜ?どうして?ワキガや多汗症 が 起こるのか?について記事にしていきたいと思います。

ワキガと多汗症の仕組み。この記事では、その中でも重要になる単語について紹介してみましょう。

まず介在する体の部位としては体毛ちゃんです。

その体毛の毛穴につながるようにしてアポクリン汗腺と皮脂腺、さらに別の穴としてエクリン汗腺が存在します。

これらがワキガや多汗症に深く関係している分泌腺ですその働きについて、一つひとつ詳しく解説していきましょう。

エクリン汗腺とは、いわゆる汗を分泌する汗腺です。主要な任務は体温を調節すること。水分が気化するときに皮膚の表面から熱を奪う気化熱を利用して、熱くなった体温を下げていきます。 つまり夏にかく汗の出口がエクリン汗腺なのです。

でもこのエクリン汗腺からの汗はいわゆる善玉でして、匂いに対する悪さはしないといわれています。今日はここまで。明日は今日より寒いといいな